上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
超久しぶりのブログ更新でっす

何を隠そう、書きたいことがあるからなのだ。

これまでShima&ShikouDUO 4作、SilentJazzCase名義ではカヴァーなども含めると約10作、
その他プロデュース・サポートなど数多くの作品をリリースしてきましたが、
島裕介 名義では1枚も出していなかったのです。

前々から名曲アルバム的なのは作りたいと思っておりました。
実はShima&ShikouDUOでも1st「雨の246」以前に名曲アルバム1枚、オリジナルアルバム1枚作っておりまして(これはShima&ShikouDUOデビュー10周年の2016年に公開しちゃおうかなと計画中)、
最初は名曲をシンプルに吹くというコンセプトでスタートしたユニットだったのですね。


最近、トランペッターとして思うことに、トランペットという楽器はよりシンプルなアプローチであるべきだなと思っております。
所詮、ピアノやギターに比べてできることは少ないし、歌ほどキャッチーではない。
しかも歴史的にトランペットのサウンドはやりつくされている感があるのです。
そして、ようやくシンプルなことをしても立派な作品としてなりたたせる”自信”も出てきたということもあり、
このプロジェクトをはじめるに至った訳です。
おかげさまで、信頼のあるレーベルも現れ、MOS Soundとの共同原盤という形で夏ごろ出せそうです。

で、今日はそのレコーディング1日目。ギターDUO。
ギターは斉藤純一くん。
かれとはユニット”やわらかnaじゃず”での活動をきっかけに、DUOスタイルには僕にとって欠かせないギタリストなのです。ジャズをポップス的に弾く感じは、かなり今回のコンセプトにはまると思いお誘いしました。
良いのが10曲録れたぜ!超疲れた。
明日もRECです。



20130509.jpg
スポンサーサイト
2013.05.09 23:36 | 全件 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。