上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ちょう忙しいです。
って言っているやつに限って「仕事が遅い・無駄な仕事が多い」、、、
なので言わないように心がけているのですが、、
ちょっとカツカツで、思わず書いてしまったよ。無駄な仕事が多いのかな。。。

それにしても久しぶりのSilentJazzCaseライブ@7/6KAMOME は楽しかったなー。次は11月予定。

で、1枚目のアルバムをプロデュースさせていただいた 杉山ミサちゃんの、
2枚目アルバム制作レコーディングに入りました。
丸々1週間缶詰レコーディングです。
そう、2枚目は某メジャーレーベルから出るという、いわゆるメジャーデビュー(この言い方ももう古いかもな。。)

1枚目は、自宅スタジオでアレンジ・トラック制作・録音・全ホーンセクション演奏・ミックスと、
なにからなにまでやったのですが、
うってかわって、今回は”メジャー”な作り方をしております。

場所は一口坂スタジオ。このスタジオの音、大好きなんですよね。思い出もある。
Asa-Chang&ブルーハッツ という企画ビッグバンドで修正なしの1発録り。
慣れないリードラッパで、となりにスカパラのNARGOさん、ちょっと隣に梅津和時さん、
俺のまん前にAsa-Changと、で、歌は畠山美由紀と、、、緊張したなー。
中学生時代の憧れのアイドル「キョンキョン」のレコもここでしたよ。。

何といっても思い出深いのは、歴史上のエンジニア エリオット・シャイナー(スティーリーダン、イーグルスなど)と仕事したのもこのスタジオ。
録音後に、フリューゲルとミュートトランペットの音色、めっちゃ褒められてテンション上がりましたよ。
しかもその仕事はPanasonicの案件ということもあり(昔勤めていた会社だ)、感慨深いものがありました。

そんなスタジオで、プロデューサーして入れたというのは、
ミサちゃんと同じくらい、俺にとっても夢がかなった、ということなのかも。。。
まあ、今回は、スタジオもエンジニアも最高だし、
そしてプレイヤーの演奏が素晴らしいし、
みんなのアイデアもどんどんでてくるし、
俺の仕事は、夕飯の弁当何にするかを決めることくらいだけかもな笑

そんな感じで、楽しいレコも、そろそろ中盤へ。。。

そんなスタジオを抜け出して、明日の超ハッピーになれるライブですよ。
スティールパン7人と共演!!

7月16日(土) 新宿三丁目 someday
原田芳宏 steel-pan Orchestra『 JUBILEE 』+島裕介(tp)
03-3359-6777

最高のリズムセクションと10曲録り終える
110714_2119~01



スポンサーサイト
2011.07.15 22:52 | 全件 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。