上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
風邪からようやく回復
風邪をひいている場合ではない。今日は打ち合わせが3本もあって、営業マンみたいな疲労感。
制作案件が複数頭の中にある状態。そんなときこそ、1つ1つに集中集中。

そんな中、
SilentJazzCase ようやく完了。いやー、打ち上げする余裕もなし。でもしたい。
参加メンバー集めるだけで1イベント企画するようなものだ。

発売日決定しました。 6/10全国発売です。 よーーー!!!

とにかく参加メンバーに感謝
Yusuke Hirado(p)(quasimode)
Iori Kimura(p,program)(bohemianvoodoo)
Jun Sakuma(key,synth,program)
Hiroyuki Kubota(g)(JiLL-Decoy association)
Kazuma Fujimoto(g)(orange pekoe)
Junichi Saitou(g)(yawaraka na jazz)
Takayuki Doi(b)
Daisuke Yoshioka(dr)
Tommy(tb)
Karen Aoki(vo)
Nice Hashimoto(mc)
Misa Sugiyama(vo)
Hiddy(mc)(The Novelestilo)

過去のSilentJazzCase関連ブログ
http://yusukeshima.blog18.fc2.com/blog-category-2.html

プロモ準備しないと。。。。

話変わりますが、昨日の青木カレンちゃんライブで ご年配のお客さんとお話していて、
彼は60年代 NY在住で、マイルス、アートブレイキーとかを生で聴いていたみたいで、
「最近は、トランペットの音が、本来のトランペットの音から離れてしまってきている」、
ということで、彼とも話が一致してしまったのですが、
彼が言うには、「リーモーガンやクリフォードブラウンのような、
ジャズトランペットの鳴らし方できるのは、日本では 君しか知らない」
とおっしゃってくれました。嬉しかったですね。

ちょっと自慢めいた内容になってしまったのですが、、、
みなさんがトランペットの音色に関して、より興味を抱いていただければと思い、
あえて書かせていただきました。
あ、、、音の話ね。
技術ではクリフォードが俺の100倍くらいうまいのは知ってますが。リーは1.5倍くらいかな。。。


そう、今でも日々の自宅スタジオ仕事の合間に、シマシコウとリーモーガンの写真を見ながら、
「初心忘れるべからず」と、心に念じている訳ですよ。
100513_0041~01
スポンサーサイト
2010.05.13 01:26 | 全件 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。