上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
この秋、大きなライブが続いておりましたが、
今週こそ、今年の最大の山場でした。
Shima&ShikouDUO 4作目 レコーディング 山梨のホールで完全1発録りレコ、無事完了しました。
同部屋でマイクかぶりまくりなので、緊張感のあり、充実感ありなレコでした。
かつてないくらいのモジュベーションの高さ、修正できないという緊張感、練習量、楽曲作り、レコ環境の模索、そして3年という時間、、、をかけて録った結果が出ていると思います。
正直、自分の音がこんなに良い音だったんだ、、って自分でも感動するくらいな生々しい音で録れております。(笑、手前みそスミマセン。でも本当なんです!)
シコウのハイパープレイも炸裂しております。どんどん進化してる。

で、その最高のレコ環境を提案、そして最高のマイキングをしてくれた男が、この方、田辺玄
彼はwater water camelのギタリストなのですが、バンドのアルバムエンジニアでもあります。
半ミュージシャン・半エンジニアな訳ですが、やはり一緒に音楽を作っていくという感覚でいうと、どのエンジニアよりも僕に合うなー、と常々思ってまして、今回オファーをさせていただきました。
おかげで、この10年間僕がイメージしていた理想の音像がやっと録れました。
1st「雨の246」の演奏と音像が、より上質にクリアに刺激的に、そして温かくなったとイメージしていただければいいかな。
来年4月リリース予定。それまでにもろもろ準備を進めます。

エンジニア田辺玄とシマ・シコウ
111207_2042~01
スポンサーサイト
2011.12.08 17:38 | 全件 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。