上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨深夜 Shima&ShikouDUOで出演させていただきました。
雨ザーザーでしたが、かなり盛り上がってましたね。
楽しかったっす。

JZ Brat は数々のバンドやアーチストのサポートで、
5年前くらいから演奏させていただくようになりましたが、
「いつか俺も自分のユニットで出演してえなー」と、悶々としていました。
いつの間にか、Shima&ShikouDUOでイベントやワンマンなどで出演させていただけるようになって、
うれしいっす。ありがとう、JZ Brat。

8月30日(土) Shima&ShikouDUO @JZ Brat ワンマンライブやります。詳細は追って。


※余談

行きの車でラジオをつけたら、サザンオールスターズ無期限休止について、
桑田さんが語っていました。

サザンは俺の青春。まず30年続けたということに尊敬。
でも、最近のサザンの曲は、
いわゆる「いい曲」調のコードとメロディを元に作られているいる感じがして、
正直、あまり好きではありませんでした。
アルバム「KAMAKURA」以前のメロディと唄いまわしは、本当にオリジナリティを感じるのです。
人はそんなに新しいことはしょっちゅうできないのだ。

桑田さんは、
「ネタを蓄えたい」と言ってました。30年もやっていれば当然ですよね。
3年でも、そう思います。。。

「ライブで、自分の気持ちが燃えていないのに、燃えているフリはするのは、やだな」的なことを語ってました。
サザンくらい多くの人が関わっていて、ビッグビジネスになっているとしても、
感情には逆らえないのです。
「失いかけていたミュージシャンシップをとりもどしたい」的なことも語ってた。うーん、染みるなー。

そんな気持ちで望んだ昨日のライブ。
Shima&ShikouDUO としても2ヶ月ぶりのライブ。
2ヶ月休んだだけで。久しぶりな感じがした。
無理もない。リリースから3月末までで、
Shima&ShikouDUOだけで30本ちかくはライブをしているのだ

昨日は、お互いの音が、1音1音新鮮に感じて、ライブが本当に楽しかった。
昨日は、もちろん「フリ」ではなく、「燃えて」ました。
スポンサーサイト
2008.05.25 18:22 | 全件 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近ライブ情報ばかりで、かたじけない!!

6月ライブスケジュール、もろもろアップしました。

http://www.k5.dion.ne.jp/~ssduo/shima/schedule_shima.html

個人的に楽しみなのは、さっき決まった、これ!!

6月6日(金) 青山 "プラッサ・オンゼ"
石川智(Dr)カルテット featuring Shima&ShikouDUO
Live スタート:20:00-
ご予約(TEL:03-3405-8015)

Shima&ShikouDUO曲もドラム・ベースの編成でやってみたいなとおもってますので、
ぜひ!!
ドラム・パーカッションの石川さんは、共演者などの情報を調べれば分かりますが、
超すばらしいっす。
2008.05.22 04:17 | 全件 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Shima&ShikouDUO、
今週土曜夜中 渋谷JZ Brat にてアニバーサリーイベントに出演します。

他出演者も、面白げっす。

5月24日(土) 渋谷 "JZ Brat"
JZ Brat 7th Anniversary Steppin’ JAZZ sole-Extra-

■Open 23:00
■ information

LIVE
Shima&ShikouDUO(シマ・アンド・シコウ・デュオ)
native(ネイティヴ)

Dance Performance:
Stax Groove and Bop Five+Melo★Chestra 他

DJs:
Satoshi Tomihisa
Lincohn (Searchin’/ BEBOP SQUARE)
Izm to Jazzy (Stax Groove,Jazzy Sport)
yasuhiro tomita (a new dimention/ on the edge)
yasuhiro komatsu (PLANETGROOVE)

VJ:
FC TASHIRO
■ENTRANCE ¥1,500/1drink

--------------------------------------------------------------------


あと、今週水曜日、 舞浜イクスピアリにて、
Vice Versaさんライブにサポート出演します。
Ayukoさんの歌、いい感じっす。

5月21日(水)夕方 舞浜 "クラブ・イクスピアリ"
Vice Versa(vo&g) ワンマンライブ
20:00 -
http://www.ikspiari.com/ent/club/pop_schedule.html
予約・問合せ TEL. 047-305-5700


2008.05.20 01:12 | 全件 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「Road to the deep north EP」が発売決定しました。

アナログファンとして超うれしいっす。また夢が一つかないました。

Road to the deep north EP / Shima & Shikou DUO
2008/05/30 発売

詳細は DMRオンラインSHOP
http://www.dmr.co.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=2041808040018&utm_source=topic&utm_medium=top

渋谷 DMR(Dance Music Record)店内でも購入できます。

よろしくです!

roadto7.jpg

2008.05.12 23:28 | 全件 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近はライブはあまりやってなく、
いろんなアーチストのレコーディングや、自宅でトラック打ち込んでトランペットダビングして、
という感じでオタクにやっております。
友達ミュージシャンのイベントにはなにかと遊びにいってますね。

今日もレコでした。
JAZZとは全く関係のない、PopRockバンドのDUBっぽい感じでした。
いい仕事した!という実感あり。。。

そのな日はすごく充実した気持ちになり、
しっぽり深夜にコーヒーを飲みながら、ピアノトリオをアナログで聴く、
という至福の時間をただいま送っています。

①under paris skies / FREDDIE REDD
1971年の作品。NYのピアノ/作曲家の FREDDIE REDDの作品。
全曲オリジナル。メロディがすごく美しい。
レアなアルバムですが、本当に美しい。
JAZZではスタンダードナンバーをこねくりまわして「個性的」と偽って、
賞賛される文化がよくあるのだけれど(最近はすくなくなってきたのかな)、
美しいオリジナルを書けるJAZZ Musician 心の底から尊敬する。
FREDDIE REDDは1960初頭のBlueNoteレーベルに何枚か作品を残していますが、
オリジナルがメインで、どれも名曲。
ピアノは凄みのある感じはないのですが、ぐっとくるんですね。
080509_2340~01


②Waltz for Debby / Bill Evans
名盤。1961年のライブ盤。今日はB面から聴いてみる。
録音の感じもいい。この時代のJazzのライブ盤は古い写真を見ているようで、
狭い空間に、その時代のお洒落さんが、何気なく楽しんでいる絵が目にうかぶ。。。
Bill Evansは麻薬中毒者だったが、感情にまかせてプレイする感じではない。
感情的な一音一音を、理路整然と作りあげている。理想的だ。
感情的な演奏というのは、ぱっと聴きはインパクトがあるのですが、
聴き手がそのアーチストの「信者」でなければ、ぐっとこない、と僕は思ってしまう。
この話題は長くなりそうだから、今後も触れつつ、ここではやめておきます。
080510_0021~01


③At the Jazz Workshop / Barry Harris
最高に好きなピアニスト Barry Harris。1960年のライブ盤。
フレーズ・リズム たまらなく好き。
黒人のグルーブがありつつ、フレーズが美しい。最高です。
080510_0044~01

2008.05.10 01:06 | 全件 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近、また家で音楽を「聴ける」ようになりました。

僕は学生のとき、本当に音楽をよく聴いていました。
月にアナログとCD合わせて20枚は買っていた。
ほとんどが、50,60年代のJazz。


僕はミュージシャンと言えるようになってから、6年ちかくたちますが、
だんだんと音楽を「分析・研究」するようになってきてしまったんですね。
聴くんですけど、どこか感じないんっすね。
i-podやmp3、聴こうと思えばどこでもいろんな音楽を聴ける環境があるのに。。。


そもそも、音楽に常に接していたいから、サラリーマンを辞めて、ミュージシャンになったのに、
本末転倒ですね。
この数年間、夢中にライブ・レコーディングをしてきて、
気がついたらリスナーとしての気持ちを忘れていました。反省。。。


そんな中、俺を救ってくれたのがアナログレコード。
またアナログレコードを買って聴くようになりました。

やっぱり音が染みるんですね。針を落とす動作がたまらないんですねー。

この前、某アーチストに
「最近CDとデータとか聴かなくなっちゃってさー、でもアナログは聴くようになったんだよね」
と話したら、「それはデジタルの音に飽きてるんだよ」。
そういうことだったんです。
やっぱりアコースティックなサウンドはアナログレコードが一番心にきますね。


そんなことで前置きが長くなってしまいましたが、
非力ではありますが、
このブログを使って、
みなさまと僕のために、
アナログレコード紹介をしていきたいなと思い立ちました。
もちろん、ターンテーブルない人はCDで探してみてくださいね。

今日の3枚
●Zoot Sims / THE MODERN ART
080505_1451~01

TenorSax奏者 Zoot Simsの1950年代後期のアルバム。
バルブトロンボーンのBob Brookmayerの音色とフレーズがたまらない。

●Harold Land / West Coast Blues!
080505_1459~01

TenorSax奏者 Harold Landの1950年代後期のアルバム。
ギターWesMongomery、ピアノ BarryHarrisの大人のフレーズがたまらん。

●Jim Hall / Jazz Guitar
080505_1523~01

ハーモニーセンス良すぎな ギター Jim Hall 。1950年代後期のアルバム。
ピアノのカールパーキンスは、左手が曲がっいて、右手が3本しか自由に動かせないのに、めちゃくちゃ美しいメロディを奏でる。


1950年代のJazzMusicianは、最高のメロディメイカーだなー、と感じました。
2008.05.06 02:46 | 全件 | トラックバック(-) | コメント(-) |
日明けて今日、品川パシフィックホテルで
青木カレン with Shima&ShikouDUO
のライブです。

会社帰りに、よろしく。

----------------------------------------------------------
●5月1日(木) 品川 "品川パシフィックホテル30階"
スカイラウンジ ブルーパシフィック
http://www.pacific-tokyo.com/restaurant/bluepacific/

Live : 青木カレン with Shima&ShikouDUO
1st 7:30 p.m. ~ 8:15 p.m.
2nd 8:45 p.m. ~ 9:30 p.m.
3rd 10:00 p.m.~10:45 p.m.

ご予約 03-3445-0875
----------------------------------------------------------

もう一つ。

5月末にJZ Bratアニバーサリー深夜イベントに出演します!!

●5月24日(土) 渋谷 "JZ Brat"
JZ Brat 7th Anniversary Steppin’ JAZZ sole-Extra-

■Open 23:00
■ information

LIVE
Shima&ShikouDUO(シマ・アンド・シコウ・デュオ)
native(ネイティヴ)

Dance Performance:
Stax Groove and Bop Five+Melo★Chestra 他

DJs:
Satoshi Tomihisa
Lincohn (Searchin’/ BEBOP SQUARE)
Izm to Jazzy (Stax Groove,Jazzy Sport)
yasuhiro tomita (a new dimention/ on the edge)
yasuhiro komatsu (PLANETGROOVE)

VJ:
FC TASHIRO
■ENTRANCE ¥1,500/1drink
----------------------------------------------------------

2008.05.01 01:09 | 全件 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。